熱交ドリル

  • まごころnet
  • WEBシミュレーター
  • REFシミュレーター

種類・構造

全熱交

【概要】

ビル・住宅等の空調換気に使用され、空調設備で有する全熱(潜熱と顕熱)を熱回収する機器です。
冬場には、室内空気を除湿し、室外空気を加温+加湿して室内へ供給します。

【構造】

全熱交換器には回転型と静止形が存在します。

回転形

還気側と給気側を分離したケーシングの内部でローターが回転する構造です。ローターには吸湿性を持たせており、シリカゲル・ゼオライトコーティング・塩化リチウムなどを含浸・イオン交換樹脂を使用など様々です。

静止形

特殊加工紙の仕切板と間隙保持する間隔板を積み重ねた構造であり、仕切板で2流体が混ざらないよう独立しています。直行流型と向流型があります。回転形と異なり駆動部がないため、構造的にシンプルです。

  • 全熱交(回転形)
  • 全熱交(静止形)
流れ形式