熱交ドリル

  • まごころnet
  • WEBシミュレーター
  • REFシミュレーター

ポンプ

ポンプで流体を移送する時、配管内壁と流体との間には管摩擦抵抗いわゆる配管抵抗が生じます。このため、流体を必要な流量移送するためにポンプは配管抵抗よりも強い力で流体を押し出す必要があります。配管抵抗の大きさは、流体の物性(粘度やレイノルズ数)や流れ方(層流か乱流)、配管の長さや規模によるため、設置する熱交換器の大きさによってより大きいポンプが必要になることもあります。
冷やしたい流体(高温側)の温度変化が大きいと、熱交換させる低温側の流体は循環量を増やすかブラインなどの低温流体を使用します。循環量を増やすためには大きなポンプを選定する必要があります。しかし、NTUの高い熱交換器を使用すると高温側と低温側の温度差が小さくても温度変化を大きくできるため、低温側の循環量を減らせてポンプを小さくすることができます。ポンプを動かすためには電力が必要ですが、ポンプが小さいと使用電力を削減でき、環境にも優しく経済的です。