熱交ドリル

  • まごころnet
  • WEBシミュレーター
  • REFシミュレーター

種類・構造

フィンチューブ

【概要】

金属の管(チューブ)にフィンを取り付ける単純な構造のため、仕様に合わせた材質選定が可能であり、フィンピッチや寸法に関しても製造制限内で自由に設計可能です。チューブタイプに比べると伝熱性能が高く小型化できます。主に、気―液・気―気の用途で使用されます。

【構造】

伝熱面積を増やすため、チューブにフィンを取り付けた構造です。材料は金属材料が使用されます。フィンを取り付けたチューブ束の内部に液を流し、気体はフィン側に流すことで熱交換を行います。
主に2種類のフィンチューブタイプがあり、それぞれ、エロフィンチューブ・プレートフィンチューブと呼ばれています。

エロフィン

チューブの外周にフィンを螺旋状にまきつけ加工したものです。
風量が比較的少なく自然対流の用途に適しており、腐食時に交換できません。

エロフィン
(写真:勝川熱工殿よりご提供)
流れイメージ

プレートフィン

プレート形状のフィンをチューブに圧入しユニット加工したものです。
風量がある程度確保できる場合に適しており、エロフィンよりもコンパクト設計が可能です。腐食時に交換はできません。

プレートフィン
(写真:勝川熱工殿よりご提供)
プレートフィン流れイメージ