Home » 操作方法 » TDT、TSTアクチュエータ (ニ段閉止で計量用に最適)

操作方法 Operation method

TDT、TSTアクチュエータ (ニ段閉止で計量用に最適)

TDT、TSTアクチュエータ

特長

使用流体 空気
最高使用圧力 0.69MPa
許容周囲温度 -20℃~+80℃
潤滑油 不要
保証使用回数 100,000サイクル
回転角度 中開 0~45度
全開・全閉 0~90度
  • 中開の開度が任意の位置(最大45度)に容易に調節できます。
  • アクチュエータの作動圧力は電磁弁から直接供給するので”開” ”閉”の応答が早く確実です。
  • スプリングを利用し、閉から中開にすることによって、微量調整ができます。(TST型)
  • アクチュエータの一方にスプリングを使用しているので、
    停電や空気の供給ができない場合、開または閉の安全方向への作動が迅速にできます。(TST型)

作動図

TDTアクチュエータの作動順序 TSTアクチュエータの作動順序

  • Duaxボールバルブ
  • HISAKA PFAライニング ダイヤフラムバルブ 高耐食 高耐久
  • 低温用ボールバルブ
  • 納入事例
  • 資料ダウンロード
  • トラブル対策FAQ
  • お問い合わせフォーム
  • お見積のご依頼