Home » 技術資料 » ピグシステムについて

技術資料 Technical documentation

技術資料一覧に戻る

ピグシステムについて

①ピグ
豚がエサをあさる姿から付けられた総称です。
配管内を走り回って流体を押し出します。
形状はボールや砲弾等様々な形状があり配管内の流体に合った材質選定が必要です。
代表的にはシリコンゴムやフッ素樹脂等があります。
②ピグライン
1本の配管で異なる流体を輸送する方法です。
複雑化する配管を大幅に減らすことができます。
③ピグシステム
配管内の流体を99%回収、常にクリーンにするシステムです。
移送物の回収、洗浄作業の時間短縮、洗浄水/洗浄液の節約及び排水処理設備の負担軽減ができます。
使用できるバルブは配管内径と同じ内径の流路を持つボール弁だけです。
④ピグ発射装置
(スタート管)
スタート管はピグをエアー圧や水圧等で押し出します。
⑤ピグ受取装置
(キャッチャー管)
キャッチャー管は流体を押し出しながらピグを受け止めます。

ピグシステムの有効性(歩留まり向上、環境への配慮)

ピグシステムの一例

⑥ピグ用バルブ
二方弁 HF5(ピグ用)、CH1  Y型三方弁 HY1/HY2(ピグ用)
ピグの外径と必要なバルブ内径を御指示頂けば製作します。
HY1/HY2はピグの切り替え操作が可能です。
⑦ピグ発射装置・
ピグ受取装置
HF5(ピグ落とし用)でボール特殊形状で対応します。
  • Duaxボールバルブ
  • HISAKA PFAライニング ダイヤフラムバルブ 高耐食 高耐久
  • 低温用ボールバルブ
  • 納入事例
  • 資料ダウンロード
  • トラブル対策FAQ
  • お問い合わせフォーム
  • お見積のご依頼