Home » 技術資料 » Cv値について

技術資料 Technical documentation

技術資料一覧に戻る

Cv値について

Cv値とは

バルブを全開にした時、単位時間あたりにバルブを通過する流体の体積、または重量のことをバルブの容量といい、一般的にバルブの種類とポートの口径によって決まっています。

しかし、同じ種類・同じ口径のバルブでもメーカーが異なれば容量も異なり、流体の種類・温度・粘度・比重・圧力・ポート前後の差圧、バルブ本体やポート部の構造・寸法などさまざまな因子によって左右されます。
さらに、バルブの種類により、同じ口径でも圧力損失が大きいもの、小さいものなど色々あり、バルブの選定が困難となります。

そこで、これら流体仕様をある標準値に保つことで表わされた数値を容量係数といい、これを用いることでバルブの種類・口径の選定が比較的容易にできるようになります。

容量係数にはCv値、Kv値、Av値があり、そのうちCv値が一般的によく用いられる値で、特定のトラベルにおいて圧力差が1lbf/in2の時、バルブを流れる60゚Fの温度の流体を US gal/minで表した値です。

同じ差圧であれば、Cv値が大きいほど通過する流量は大きくなり、また同じCv値であれば差圧が大きいほど通過する流量は大きくなります。Cv値は以下の式により求めることができます。

なお、Kv値は圧力差が1 barの時、バルブを流れる5~40℃の水の流量を m3/hで表したもの、Av値は1 Paの時、バルブを流れる水の水量をm3/sで表したものです。

また、Cv値とKv値は単位系が異なりますが、以下の関係があります。

Cv値算出の一般式一覧

Cv値算出の一般式一覧

  • Duaxボールバルブ
  • HISAKA PFAライニング ダイヤフラムバルブ 高耐食 高耐久
  • 低温用ボールバルブ
  • 納入事例
  • 資料ダウンロード
  • トラブル対策FAQ
  • お問い合わせフォーム
  • お見積のご依頼