製品情報

蒸発・濃縮装置

エキス・果汁・乳製品・豆乳・糖液などの濃縮で、味や色合い、
ビタミンなどへの熱影響を極力抑えながら、液の特長や設置条件に応じて
適切な濃縮システムを提案します。

濃縮装置の適応範囲

プレート式濃縮・蒸発装置
(MFE・LEP:薄膜流下方式)

蒸発量:-10000[kg/h]
対応粘度:-1000[cp]

  • 方式・装置

    ロングプレート式

    ワンパス濃縮装置
    (REN-MFE)

  • 動 作

    〈薄膜流下蒸発〉
    プレート内を薄膜状に
    流下しつつ蒸発

  • 特 長

    ・熱影響の軽減
    ・大容量の濃縮
    ・多重効用で省エネ

    製品詳細へ

フラッシュ式濃縮装置
(REV:強制循環方式)

蒸発量:-2000[kg/h]
対応粘度:-2000[cp]

  • 方式・装置

    プレート式

    フラッシュ濃縮装置
    (REV)

  • 動 作

    〈フラッシュ蒸発〉
    プレート加熱後、
    セパレータでフラッシュ蒸発

  • 特 長

    ・液の泡立ち抑制
    ・高い汎用性
    ・小容量テスト機対応

    製品詳細へ

グローバル濃縮装置
(GY:コイル回転式)

蒸発量:-1000[kg/h]
対応粘度:-10000[cp]

  • 方式・装置

    コイル回転式

    グローバル濃縮装置
    (GY)

  • 動 作

    〈コイル薄膜蒸発〉
    セパレータ内で
    伝熱コイルを回転し蒸発

  • 特 長

    ・固形含有液に対応
    ・高粘度に適応
    ・濃縮液の高回収率

    製品詳細へ

プレート式濃縮・蒸発装置
(MFE・LEP:薄膜流下方式)
スケール付着や熱影響を抑え、大量生産まで対応
詳しくみる

ロングプレート式ワンパス濃縮装置(MFE:薄膜流下方式)

装置内のホールド液量を抑えた、超ロングプレートのワンパス方式は、熱に弱い液や香りを重視する液など、高品質の濃縮液の確保に威力します。蒸発量によって、3種類のプレートサイズから選択していただけます。

特長

  • 原液の受入れから濃縮液の取出しまでを数分に短縮し、原液の性状を損なわずに濃縮可能
  • 装置内のホールド液量を最小限に抑え、多品種・小量生産に対応
  • 超ロングプレートで処理液が停滞しないワンパス濃縮方式は、高効率かつ低コスト
  • 多重効用式はもちろん、蒸気圧縮式やサーモコンプレッサ式にも最適で、
    蒸気の再利用は省エネにも効果的
  • 常に高流速で流れる液がスケール付着を大幅に低減
  • 蒸発プレートを縦長にしたコンパクト設計で、据付面積の省スペース化を実現

用途

ジュース類 オレンジ・アップル・グレープ・パイン・トマト
エキス類 鳥ガラ・畜肉・魚介類・ビタミン類・酵素・酵母
糖類 オリゴ糖・蜂蜜等の着色・分解・変質を防ぎたい液体
牛乳、その他 短時間で濃縮したい液体
プレート式蒸発装置(LEP:薄膜流下方式)

予熱後に蒸発器内に入る原液は、器内との温度差で自己蒸発しながら、プレート表面で非常に短い秒間で加熱蒸発されます。相当量の液の循環でプレート表面の液流速を増大させ、スケーリングの付着を軽減します。

特長

  • 質量速度が大きく、液の分布が均一なため、スケールが付着しにくい
  • 従来の多管式と比べ、3~5倍の高い伝熱性能を保持
  • 処理時間が短く、液の伝熱面接触時間は約2秒、熱に弱い液にも最適
  • 循環方式を採用し、原液の変化にも無理なく対応
  • 簡単に分解できるため、プレートの洗浄やプレート枚数の増減が容易
  • ボタン一つで運転開始から洗浄まで全自動運転
  • プレート材質はステンレスやチタンから選択可能

用途

食品 牛乳・大豆蛋白・液糖・蔗糖・異性化糖・ブドウ糖・水飴・各種スープ液・魚汁・高濃度食品廃水
醗酵 アルコール蒸留廃水・各種醗酵廃液・各種有機酸水溶液
化学 カセイソーダ・グルタミン酸ソーダ・高濃度工場排水
繊維・製紙 シルケット廃液回収・洗毛廃液・染色廃液・SP-SCPバルブ廃液・パルプ醗酵廃液
機械・電機 水溶性廃油・メッキ廃水・動-植物性油脂廃水

フラッシュ式濃縮装置
(REV:強制循環方式)
発泡性の強い液の濃縮に最適で、連続運転やバッチ運転も可能
詳しくみる

高性能のプレート式熱交換器で液を加熱し、セパレータタンク内でフラッシュ蒸発を行う、小型ユニット化された全自動運転の蒸発・濃縮装置です。小容量の液や発泡性の強い液でも、完全に泡を押さえての運転が可能です。

特長

  • 発生する泡をたたき潰しながらの運転で、発泡性のある液の濃縮にも対応
  • 高粘度液への適応性が高く、約10,000c.p.まで対応可能
  • バッチ運転を繰り返し行う装置は、コンパクト設計により大幅なコストダウンと省スペース化を実現
  • プログラミング制御で、運転開始から洗浄まで完全自動運転
  • ご要望により、完全連続運転への対応も可能
  • プレートの材質はSUS316とチタンをご用意

用途

食品 各種調味液・スープ・動植物エキス・糖液類・高濃縮液・アミノ酸・クロレラ・ジュース・低塩醤油
化学・薬品 ラテックス・化粧品原料・漢方薬抽出液
機械・電機 水溶性廃油・メッキ廃水・脱脂排水・クーラント廃水

グローバル濃縮装置
(GY:コイル回転式)
高粘度液や固形分含有液の濃縮に最適
詳しくみる

液をセパレータに保有した状態で伝熱チューブが回転することにより濃縮を行います。薄膜遠心式と同等以上の品質でありながら、小量多品種運転、さらには高粘度や固形物対応も可能です。

特長

  • 低温での濃縮も得意とし、高品質のエキス・薬効成分などが得られる
  • 伝熱面と液境膜の更新で、スケール付着や焦げつきによる蒸発能力の低下を回避
  • 固形含有液や高濃度液(粘度10Pa・s)の濃縮に最適
  • コイル部を簡単に抜き出せる構造で、洗浄・メンテナンスが容易