ロングライフチルド

下の図は調理食品の「おいしさ」「賞味期限」の関係を図式化したものです。出来立てそのままの調理食品はおいしいですが賞味期限は短いです。賞味期限を優先するとできたての調理食品よりおいしさのレベルが下がります。食品をできるだけ出来立てに近いおいしさで少しでも長い賞味期限を目指した調理食品がチルド惣菜です。このチルド惣菜をロングライフ化する事によりおいしく長期保存ができます。

LLC化がもたらすメリット

ロングライフ化がもたらすメリット

LLC化のためには

日持ちがしておいしい調理食品のためには、低温殺菌と最適な冷却が重要な役割を担います。低温殺菌とはおいしさを損なわない調理温度帯付で、低温発育性の菌を殺菌することです。最適な冷却とは菌の発育しやすい温度帯を可能なかぎり素早く冷却する事です。両方が揃って初めて日持ちがするおいしい調理食品ができます。

日持ちがするおいしい調理食品

ロングライフチルド食品の
製造ライン

  • ■RCS-SPX

    シールされたチルド食品を熱水スプレー式殺菌装置にて均一加熱・冷却を行います。含気容器も、容器の形状を損なうことなく処理できます。

  • ■用途

    (トレー容器製品・パウチ製品)
    肉じゃが、きんぴらごぼう、筑前煮
    ひじき煮、うの花、ポテトサラダ、煮豆
    ハンバーグほか、和・洋・中調理食品など

  • ■リフトスチーマーZ

    シールされたチルド食品を連続に均一加熱・冷却を行います。連続式の為、大量生産に向いています。

  • ■用途

    (カップ容器・パウチ容器)
    ゼリー、茶碗蒸し、卵豆腐、
    煮豆(真空パウチ)

  • ■RIC

    伝熱を阻害する空気を除去(真空脱気方式を採用)し、クリーンな蒸気を容器に充填した食品に直接あてることで、短時間で均一な殺菌を行います。

  • ■用途

    (トレー容器製品)
    釜揚げしらす、シューマイ、焼き魚
    ハンバーグ、食品素材(乾燥ひじき、
    香辛料など)