Home ≫ 開発試験室

開発試験室

イメージ

開発試験室は製品試験を通して、お客様の新製品開発・新製造設備計画を強力にサポートします。

開発試験室では、殺菌・滅菌・染色をはじめ各種試験機を常設し、実証試験やサンプルづくりを通して最適なシステム確立を追求しています。

主な試験項目

試験室事例紹介

【レトルト殺菌】パウチ入り食品
パウチ入り食品は、包材の材質、大きさ、形状、内容物の食品が多種多様です。保存条件、期間もさまざまです。これらを総合的に判断し、製品ごとに最適な処理条件を見つけるため、試験を通じて、製品温度のモニタリング、容器形状変化の把握、データシミュレーションで最適な処理方法・条件を導きます。
≫一覧を見る
【滅菌】輸液バッグ、輸液ボトル
輸液製剤、注射剤、経腸栄養剤が充填・密封されています。バッグやボトルは軟包材で変形しやすく、点滴時の排液性確保のため変形のない製品が要求されます。最適なトレー形状や機構、圧力制御を組み合わせることで、優れた排液性を有する製品を実現します。
≫一覧を見る
【固形物殺菌】釜揚げしらすなどのウエット食品
100℃未満の真空蒸気によるマイルドな殺菌で風味を損なわず、日持ちを延ばすことで、商品廃棄量の低減、製造の安定化などに寄与しています。
≫一覧を見る
【固形物殺菌】乾燥ひじき、香辛料などの食品素材
近年、惣菜などの加工食品が増加する中、乾物や香辛料といった素材が利用される機会も増えています。これらの素材を高温短時間殺菌HTSTにより、素材の風味を損なわず菌数の低減をはかることによって、加工食品の安全性を高めています。
≫一覧を見る
【液体連続殺菌】牛乳、デザートベースなど
熱による品質劣化が顕著で、熱変性した成分がスケールの原因になることが多く、プレート式殺菌装置では、製品の品質面と連続運転性の面で限界がありました。スピンジェクションは直接蒸気加熱方式のエレメントで、蒸気を瞬間的に液体と均一混合でき、品質面の改善と長時間運転の両方の問題を解決しました。
≫一覧を見る
【濃縮】切削排液など
切削廃液などは、できるだけ濃縮倍率を高くして廃液量を削減することを求められます。同時に、エネルギーの効率的な利用が不可欠です。濃縮装置では多重効用とサーモコンプレッサーを効果的に組合せ省エネをはかることでCO2削減に寄与します。
≫一覧を見る
【染色】衣料分野(スポーツ、アウトドア、インナー)
衣料分野(スポーツ、アウトドア、インナー)は、生地の風合いや機能性を高めるため、よりファインデニール糸を使用する傾向にあり、染色加工が難しくなっています。染色トラブル、欠点の防止が不可欠です。  
≫一覧を見る
【高温湿熱】高温湿熱処理装置
高圧ボイラー(2.94MPa)の飽和蒸気を使用した高温高圧蒸煮処理が可能です。有機物の分解・改質に効果があり、焙煎・加硫・形態安定・廃棄物処理に利用されています。
≫一覧を見る
お問い合わせ先
  • 大阪 072-966-9623 (代) 072-966-9643 (FAX)
お問い合わせフォーム