事業本部紹介

「衣食住医」の分野で、お客様の一番身近なエンジニアリングパートナーとしてお役に立てる機械メーカーを目指し、
人々の快適な暮らしの実現を目的として、生活の基盤となる製品を製造する産業界へ、
最適かつ最先端の装置やシステムを提供しています。

今後はさらに、省エネ・自動化・無人化・IoT対応など、プラント設備において機械単体の提供に留まらない、
ものづくりのノウハウや生産性向上策を併せて提供できる機械メーカーとして、産業の発展に貢献してまいります。

プロセスエンジニアリング

食品
毎日の食卓を支える
さまざまな食品の
美味しさと安全性を追求

「食の安心・安全」に対する人々の関心が高まる中、
レトルト食品をはじめとする各種食品加工のさまざまな工程へ
最適な装置やシステムを提供し、
お客様の安心で美味しい食品づくりを支えています。

日阪製作所のレトルト殺菌装置は、1975年の誕生以来、
国内外に2700台を超える納入実績があり、
店頭に並ぶ70%以上のレトルト食品の調理殺菌に使用されています。

飲料分野では、プレート式熱交換器を応用したビールの冷却器から始まり、
清酒・醤油・味醂などの各種調味料へ、
さらにソフト飲料・野菜系飲料の殺菌製造などへ用途を拡大しています。

医薬
各種医薬品や医療器具の
安全性と信頼性を高め、
医薬業界の発展に寄与

長年培ってきた食品の殺菌技術から生まれた
医薬品滅菌装置と各種システムは、高度な品質を誇り、
国内外問わず輸液バッグやボトル、
PFS(プレフィルドシリンジ)などの滅菌に使用されています。

蒸発濃縮装置は、漢方エキスをはじめとする
各種薬品溶液の蒸発濃縮に数多くの採用実績があり、
濃縮前工程の抽出・分離から、後工程の殺菌・乾燥まで
一貫したプラントのエンジニアリングも行っています。
その他、外用剤や液剤の調製プラントへの納入実績もあります。

今後はさらに、経腸栄養剤や医療用流動食などの新たな分野へと、
その活躍の場を広げてまいります。

染色
暮らしを彩るさまざまな
繊維素材の染色と
付加価値加工に貢献

1970年代に開発された日阪の主力製品である、
“『Circular(サーキュラー)』~世界を染めた液流染色機”。

時代のニーズによって常に成長し続ける世界の名機はいまも健在です。

大量の水を使用する布製品の染色工程では、
水質汚染防止のために排水処理が必須ですが、
日阪製作所では排水を出さず地球環境に優しい、
超臨界CO2ガスを利用した夢の
超臨界染色処理装置の開発に取り組んでいます。

衣料以外の産業資材(カーシート・インテリアなど)でも、
高温・高圧・真空・乾燥の分野で、染色に限らず
幅広い産業にプラント及び機器を提供し、
各種業界の発展に貢献しています。