Home医薬機器 ≫ 医薬用滅菌装置

医薬機器

医薬用滅菌装置

医薬用輸液や機械器具の滅菌。熱水スプレー式・熱水貯湯式・蒸気式があり、徹底的な温度・圧力管理で、GMPに対応できる医薬滅菌装置です。

装置一覧

熱水スプレー式滅菌装置
加熱・冷却水の均一分散にこだわったHISAKAの技術。それがHISAKAの熱水スプレー方式です。
間接加熱・間接冷却のため、滅菌槽内の蒸気汚染がありません。
徹底的な温度・圧力管理でGMPに対応出来る装置です。
詳細を見る
熱水貯湯式滅菌装置
滅菌槽内の水流方向を切り替えることにより、上下左右どの位置でも均一水流を実現します。回転式により、高粘性の製品でも中心部まで均一に効率的な滅菌が可能です。
詳細を見る
蒸気式滅菌装置
蒸気で直接滅菌するので従来の熱水(スプレー)を使用する滅菌方法に比べランニングコストが安価です。脱気・復圧を組み合わせた方式により、滅菌効果も大幅に向上します。                               
詳細を見る
ベンチレーション式滅菌装置
滅菌槽内にファンを搭載して蒸気を強制的に循環することにより、槽内温度分布のばらつきを抑えることができます。
詳細を見る